読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はんなり学生編集部

高校2年の記事

面白いって難しい。

日常

弟の友達がうちに泊まりにきました。

泊まりなんでそりゃあもうテンションがとっても高い!テンションで乗り切る!どこからともなく聞こえる奇声!

 

動物園か(^^♪

 

実際、僕の顔には♪なんてついてません(^^♪

 

そしてやたらオヤジギャグを連発するんですね。今回はその一部を紹介します。

 

 

 

 

「摩擦でまっさつ!」

心の声)まだ!まだだ!

 

WiFiが5円!?わーい!ファイブ!」

心の声)もうちょっと来い!

 

「マイケルジョーダンのまあいける冗談」

心の声)おお、上手い…

 

 

 

 

うおおい!少し感心してしまったじゃねえか。

 

でも待て!

少年よ、笑いとは質も大事だかそれ以前にタイミングが必要なのである。ダジャレだってそう。むやみやたらにいいまくれば良いってもんじゃないよ。ギャグは難し学べよ少年。(いや、お前感心してたじゃねえかよ...そして森見登美彦風に言うんじゃないよ!)

 

テンションあがっちゃって見せつけるように1人でチューチュートレインなんかもしてました。

 

それは1人でするもんじゃねえだろ。少なくても3人は欲しいもんだろうよ。

 

まあまあ落ち着きなよ少年。

 

勢いだけではやっていけない時もあるんだよ。それをこの場でわからせてやる。

よし、ここで先輩の意地ってもんを見せてやるか。おしとやかに決めるぜ。

 

 

 

 

「あ〜あ、台湾行きたいわんっ」

 心の声)これは決まった…タイミングもばっちり

 

 

 

 

 

 

少年「えっ…?」

 

 

激シケ…

あの元気はどうしちまったんだよ!悲しい顔でこちらを見る少年。

 

僕が悲しくなるからやめてくれ

 

そして覚えてろ...。

 

ごめんよ、タイミングもそしてもダメなのは俺でした。

 

反省します。

チューチュートレインも練習しときます…